簡単!ラグビーの代表的なルールと楽しみ方

今年のオリンピックでの歴史的勝利と功績で、ラグビーに興味を持った方も多いでしょう。
あの試合を見ていたらラグビーに興味がなくても見入っちゃいますよね。
でも、ルールがややこしい…
そこで、ここではラグビーを楽しむための簡単なルールと楽しむための見方をお教えします!
※上にあるラグビーグラウンドの画像を見て、それぞれのラインやエリアの名称を覚えておきましょう!

簡単な代表的なルール

試合は15人対15人の陣取り合戦

7人制ラグビーというのもありますが、基本的に試合は15人対15人で行い、相手のゴールラインまで陣地を進めて点数を競うスポーツです。
メンバー15人はフォワード8人、バックス7人で構成されています。
フォワードはスクラムを組む人たちで体が大きい人達。
バックスは基本的にボール運びで、足が速い人たち。
でも、状況や試合の流れによってそれぞれが違うポジションの役割をやることもあります。
ポジション説明はこちら【ポジション説明

危険な反則や、故意の反則やなどでイエローカードを出された選手は「シンビン」といって10分間の退場となります。シンビン2回で退場となり、レッドカードは即退場となり、この状況では14人対15人となってしまいます。
お互いがピンチorチャンスになるので、試合の流れが大きく変わる可能性もあるため、見ていて面白い展開になりやすい場面でもあります。

前半40分、後半40分

試合は全90分。前半40分/ハーフタイム10分/後半40分で試合が行われます。
7人制のラグビーでは全14分/前半7分/後半7分で試合が行われます。
高校生以下の試合では全65分/前半30分/ハーフタイム5分/後半30分で試合が行われます。

それぞれの試合終了のことをラグビーでは「ノーサイド」と言います。

トライ:5点/コンバージョンキック:2点/ペナルティキック:3点/ドロップゴール:3点

・ 相手陣地の「H」型のポストの向こう側(インゴール)へボールを置いたら「トライ」となり5点が追加されます。

・ トライと同じ5点が追加される「認定トライ」というのがあり、こちらが攻めている状況で、トライエリアギリギリでの攻防をしている場合に相手がペナルティを犯した時、その反則がなければ明らかにトライできたと審判が判断した場合、「認定トライ」になります。

・ トライした後は、「コンバージョンキック」の権利が与えられ、得点を追加できるチャンスがもらえます。
トライをした地点の延長線上の、好きな場所からボールを置いてキックをして、「H」の縦のバー2本の間のクロスバーより上に蹴って、入れることができたら2点が追加されます。

・ 相手がペナルティを犯した場合、スクラムか「ペナルティキック」の選択肢が与えられ、ペナルティキックが決まれば3点を獲得します。

・ 試合が進んでいるアクティブな状態で、ワンバウンドさせキックして「H」の間に蹴り入れることができたら3点を獲得できます。これを「ドロップゴール」といいます。

基本的にトライを狙いにいき、コンバージョンキックでの追加で合計7点を狙います
トライするときは、コンバージョンキックの成功率を上げるため、なるべく中央にトライしに行きます。

試合の状況や場面での戦略で、ペナルティキックなどの3点を確実に狙いに行くことも、勝利のためにはとても大事になってきます。レベルが同じくらいのチームと戦う場合は特に大事です。

南アフリカ戦では、試合終了間近でペナルティキックだと同点にしかならず、逆転できるトライの5点を取りに行ったという場面を見ても、状況によって点数の取り方が変わるということがわかるでしょう。

2015年のワールドカップでの戦いは、試合が拮抗する場面が多かったため、ペナルティキックを選択し、最終的に五郎丸選手のキックで勝敗が分かれた場面もたくさんありましたね。
ボールが楕円形なので、まっすぐ蹴ることが難しいのですよ。五郎丸のキック精度は素晴らしいものです。「お祈りポーズ」流行ったなぁ~まさか流行語大賞か!?

パスは自分より後ろに投げる。

相手陣地のインゴールまで進まなくてはいけないため、どんどんボールを前に持っていかなくてはいけないのですが、味方へのパスは自分より後ろへパスしなければなりません。
もし前に投げてしまったら「スローフォアード」という反則になってしまいます。

ボールを前に落としてはダメ

ラグビーはボールを前に落としてしまうと「ノックオン」という反則になります。
試合が白熱してくると、よく起こる反則でもあります。
基本的にボールを動かすのは、ボールを持っている人より後ろ側で行わないといけないんですね。
後ろにしかボールを渡せない。さぁどうやって相手のゴールラインまでいくか!という戦略が、チームによってバラバラなのでそこも面白さの一つですね。

キックは基本どこに蹴ってもOK

パスは後ろにしなければいけませんが、キックの場合は前に蹴ってOKです。
キックをして、タッチラインの外側に出た場合のルールは色々あるんですが、キックを蹴ると相手にボールが渡ってしまうというリスクがあるので、よ~く考えて蹴らないと、逆にピンチになってしまいます。
うまくいった場合は、大きく陣地を前に進めることができるため、試合の流れを変える有効な手段のひとつです。

ボールを持っている人にしかタックル/プレイできない

ボールを持っていない人にタックルをしてしまうと反則になります。
ラグビーは基本的にボールを持っている選手を中心とし試合が進みます。
ですが、試合を楽しむためには、他の選手の動きを見ているのも重要です。
あの選手は、なぜそこにいるのかを考えてみたり、戦略を読み解くのも楽しむポイントになります。

タックルされた人はすぐに1プレイしなくてはダメ

タックルされて倒された人はすぐに1プレイの行動をしなくてはいけません。ボールを離さなかった場合は「ノットリリースザボール」という反則になります。倒されてからのできる行動としては、「ボールを置く」「パスを出す」「起き上がる」があります。

ボールを持っている選手にサポートに来てくれるメンバーが近くにいることで、行動の選択肢が広がり、より柔軟に動けるようになります。
サポートしてくれるメンバーがいないとラグビーは成り立ちません。ラグビーは一人ではできないんですね。いいスポーツだ!


細かいルールは理解せずとも、ラグビーは十分楽しめるので、なにか反則なんだな〜くらいで見ていてもオッケーです。
でも知っておくともっと楽しいけど。
ラグビーは「紳士のスポーツ」と呼ばれています。たまに喧嘩になりそうなことはありますが、戦いですからね。観戦していると熱が入ります!!
サッカーや野球より楽しいスポーツだと思うんだけどなぁ…(サッカーファン・野球ファンの方は申し訳ない!)

ラグビーの精神も、もう本当、かっこいいです。
「one for all all for one」
「1人はみんなのために、みんなは一人のために」

「no pain no gain」
「痛みなくして前には進めない」

この2つは有名なのですが、常日頃でも大切にしたい精神ですね。
こういうことができてるからラガーマンはかっこいいんです。ガタイがいい紳士。完璧ですね。私も気を抜かずに頑張らねば。

もう少し詳しいルールはこちら【ラグビーのルール集
ポジションの役割を知りたい方はこちら【ポジション説明
ラグビーでのあのプレイは何ていうんだ?はこちら【ラグビー用語集

LINEで送る
Pocket

ragby-protein-koushiki

人気記事

  1. アミノ酸とプロテインの違い

    アミノ酸とプロテインの違い〜どちらを摂るべきか〜

    効率よく筋肉をつけるためには、アミノ酸のサプリメントや、たんぱく質量が多いプロテインを飲むことが大事…
  2. 筋肉痛がやばい!治す7つの方法~目指せ超回復~

    筋肉痛がやばい!治す7つの方法~目指せ超回復~

    筋肉痛ってしんどいですよね。久々の筋トレや、筋肉を大きくさせるための筋トレ(バルクアップ)を…
  3. ラグビーでのキックの種類~蹴り方も簡単に説明します~

    ラグビーは、サッカーの要素もあり、ボールを蹴ってチャンスを生み出すことがたくさんあります。キック…
raguby-rule-banner-mini
▲ラグビーのルール等を知りたい方はこちら!

ピックアップ記事

  1. ついに出た!ラガーマン専用ラグビープロテイン!!〜筋肉つけて体を大きくするためのプロテイン〜
    ついに登場しました!今までラガーマン専用のプロテインがな…
  2. 筋肉痛がやばい!治す7つの方法~目指せ超回復~
    筋肉痛がやばい!治す7つの方法~目指せ超回復~
    筋肉痛ってしんどいですよね。久々の筋トレや、筋肉を大…
  3. アミノ酸とプロテインの違い
    アミノ酸とプロテインの違い〜どちらを摂るべきか〜
    効率よく筋肉をつけるためには、アミノ酸のサプリメントや、たん…
ragasapukun-footer